読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美心と矢萩

「あまりにも忙しい」「わずらわしい様々なお付き合いがすごく嫌だ」「あらゆる先端技術や情報の進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じてしまう素因は人によって異なるようです。
体脂肪率(body fat percentage)」とは、身体の中の脂肪の占有している率のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という式によって値を確認できます。
老人や病を持っている人は、殊に肺炎に罹りやすく完治までに時間がかかると言われているので、予め予防する意識や迅速な治療が重要なのです。
必須栄養を万遍なく含んだ食生活やスポーツはもちろん、肉体や精神の健康やビューティーアップのために、食事の補助として様々なサプリメントを飲む事がまったく珍しくなくなったようなのです。
杉花粉が飛ぶ季節に、乳幼児が平熱なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止まらないような時は、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓にあるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまったために、あろうことか膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなり発症してしまうという糖尿病なのです。
今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核の抵抗力を持っていない人々が多くなったことや、早合点のために診断が遅れることなどが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加しているようです。
ハーバード・メディカルスクールの研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くノンカフェインコーヒーを飲むと、恐ろしい直腸癌の発病リスクを半分以上は減らせたということが明らかになっている。
バイ菌やウィルスなど病気を発生させる病原体(病原微生物)が呼吸とともに肺の中へ入って発症し、肺の中が炎症反応を示している境遇を「肺炎」と診断しています。
子どもの耳管の作りは、大人に比べると太くて短い形であり、又ほぼ水平になっているため、バイ菌が入り込みやすくなっているのです。大人より子供の方がよく急性中耳炎になるのは、この作りが関わっています。
エイズというのはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症であって、免疫不全を招き些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性新生物等を複数併発する症候群そのものの事を称しています。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌に感染した人がゴホゴホと「せき」をすることによって室内や外気に散布され、空中でフワフワと漂っているのを別の人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が要因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が異常をきたす要因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが関わっています。
軽傷の捻挫だろうと決めつけてしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子を見るよりも、応急処置を施した後迅速に整形外科の医師に診てもらうことが、早く根治させる近道だといえるでしょう。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス手術」の2種類の技術が高い頻度で使われています。